固定資産税評価に関する無料研修(随時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 固定資産税評価については、固定資産評価基準に基づき評価を行う必要がありますが、評価の過程において多くの判断や疑問が生じることが少なくありません。また、職員の方の異動も多く、知識の習得に苦慮されることも多いと思われます。
当社におきましては、お客様のご要望に基づき、固定資産評価(土地・家屋)に関する無料研修会を行っております。
 土地におきましては、固定資産評価基準の意義、地目の認定、画地の認定、地積の認定、住宅用地の認定方法、農地・宅地(市街地宅地評価法、その他の宅地評価法)・山林・原野・池沼・雑種地(ゴルフ場・鉄軌道用地・その他の雑種地)等の評価方法、不動産鑑定評価書の見方など、基礎から応用まで具体例や判例を交えて分かりやすく解説させて頂きます。
 家屋におきましては、木造家屋・非木造家屋(軽量鉄骨造建物も含む)共に、固定資産評価基準の意義、床面積の認定方法、項目別の評価方法、補正項目及び補正係数の算定方法など、基礎から応用まで具体例や判例を交えて分かりやすく解説させて頂きます。
 固定資産評価(土地・家屋)ご担当者様の新人研修や定期研修にご活用下さい。
なお、研修場所につきましては、お客様のご負担にならないよう、当社スタッフがお伺いし、現地において研修会を開催させて頂きます。お問合せ方法につきましては、問い合わせフォームをご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です