土地評価事務取扱要領の作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

 固定資産税の評価は固定資産評価基準に基づき行われますが、固定資産評価基準は全国一律の大まかなルールを取り決めたものであり、当該評価方法は各自治体の実情に応じて異なります。従いまして、各自治体の評価に応じたルールブックを作成し、納税者様に十分な説明が可能となる事務取扱要領を作成する必要があります。
 当社におきましては、ご契約頂きました自治体様に対してヒアリングを行い、土地評価事務現況調書を作成したうえ、固定資産評価基準との整合性を図りつつ、当該自治体様の評価方法を精査し、土地評価事務取扱要領を作成します。これにより、ルールに則った評価と納税者様に対する精度の高い説明を実現することが可能になります。
 お問合せ方法につきましては、問い合わせフォームをご利用下さい。

 

【作成業務イメージ】

  1. 業務内容説明
  2. ヒアリング
  3. 土地評価事務現況調書作成
  4. 業務打合せ(7回から10回程度)
  5. 成果品納品

 

【成果品】
土地評価現況調書(自治体様の現況の評価、課題、今後の方針等を取りまとめものです)
土地評価事務取扱要領(自治体様の土地の評価方法を具体的に取りまとめたものです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です