固定資産税路線価の附設

このエントリーをはてなブックマークに追加

 固定資産税の評価を行うにあたって、固定資産税路線価を附設する必要がありますが、固定資産税路線価の附設は、地域の要因に応じて用途地区を判定し、状況類似地域を区分する必要があります。また、主要な街路の路線価からその他の街路の路線価を比準し、固定資産税路線価を算定しますが、各自治体の実情に応じて、比準しなければならない項目や補正率が異なり、非常に高度な専門的知識を要します。
 当社におきましては、一般財団法人日本MIA協議会と提携し、路線価算定システムの提供及び路線価算定に関する全てのコンサルティングを行い、各自治体様の業務負担の大幅な改善と納税者様に対するスムーズな説明のサポートをさせていただきます。
 お問合せ方法につきましては、問い合わせフォームをご利用下さい。また、お電話においても承っておりますのでお気軽にご連絡下さい。
 なお、当該業務につきましては、自治体様の規模等により、業務内容が大きく異なることから、事前に自治体様からお話を十分にお伺いした上でお見積もり(無料)をさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です